塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

愛知県警で道交法違反の誤認検挙数が168件発覚

2021年12月3日

愛知県警瀬戸署が、愛知県県公安委員会が交通規制に指定していない交差点に、右折禁止の標識を不当に設置し、罪も過失も無いドライバー168件を道路交通法違反(通行禁止違反)として誤認検挙していました

 

誤認摘発が行われていた現場は、愛知県瀬戸市水南町の県道と市道が交わる交差点でした。

 

愛知県警瀬戸署の署員が、道交法上は規制の無い場所に「右折禁止の標識設置」を申請し、愛知県警交通部が調査をすることもなく標識設置を許可しました。

 

2021年8月25日に標識が設置されて、別の瀬戸署の署員が実際の交通規制と一致しない標識に気が付き、2021年11月9日に標識を撤去するまでの約2カ月間に、交差点を右折したドライバーを「違反」として168件に及んで検挙していたようです。

 

愛知県警瀬戸署の対応としては、対象者の違反点数は取り消した上で、納付された反則金約114万円を返金するということです。

 

 

 

愛知県警交通規制課:熊沢秀泰課長のコメント

「他の場所でも標識が正しいかを確認し、再発防止に努める」

                                       

現状の司法システムが、「法治」ではなく「人治」であることの証明のような事案です

 

警察官に対する権限が強すぎるということです

 

過去に道交法違反としてキップを切られた中には、実際には違反ではなかった可能性があるという事です

 

これは愛知県だけで起こる事ではありません

 

 

違反点数の取り消しと返金で済まされるから、このような事案が発生するのです

 

警察官や警察署の幹部は厳しく罰せられるべきです