塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

松戸市の長堀消防局長が職務中に女性と密会を繰り返して懲戒処分

2021年9月30日

松戸市の長堀消防局長(57歳)が、職務中に庁舎内で知人女性と密会を繰り返していたとして、3か月(10分の1)の懲戒処分となりました

 

 

長堀消防局長は2020年10月頃から2021年8月中旬頃まで、職務時間中に庁舎内で知人女性と抱き合うなどの行為を繰り返しており、市長宛に勤務離脱行動を告発する匿名の手紙が届いたことで、勤務中の不適切公道が発覚しました。

 

 

松戸市の長堀元局長は、2021年4月に次長から消防局長に昇任しました。

 

長堀元局長は懲戒処分を受けた後に辞職しましたが、自主的な退職として扱われるために、退職金として約2450万円が税金から支払われる見込みです。

 

 

 

自主退職によって退職金を得た 長堀 元消防局長のコメント

「消防局の長として自覚にかけた行動を取ってしまった」

「市民、職員を裏切る行為であり、信用を失墜させてしまったことに心からお詫び申し上げます」

「職を辞して深く猛省します」

 

 

 

本郷谷健次 松戸市長はのコメント

「綱紀粛正のさらなる徹底と、服務規律の確保に引き続き取り組む」

                                       

 

悪さをしでかした公務員でも、自主退職すれば退職金をもぎ取れる制度には問題があります

 

懲戒免職処分相当である場合は、退職後でも退職金を没収する制度が必要です