塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

京都府警の伏見留置センター内で2人の感染者を出す

2021年8月15日

京都府警が京都市伏見区に設置した伏見留置センター内で、収容者2人から新型コロナウイルスの感染者を出しました

 

 

感染が確認されたのは、2人とも男性で年代は20代と90代でした。

 

 

感染が判明した2人は、7月30日に京都府警北署での留置中に感染が確認された収容者の濃厚接触者でした。

 

伏見留置センターへ移送後の8月12日~13日に発熱の症状が出たことにより検査を受け、8月14日に新型コロナウイルスの感染が確認されました。

 

 

伏見留置センターは各警察署の留置場内での感染拡大を防ぐために、一般的な留置所よりも感染対策を強化して、京都府内全域から感染者や濃厚接触者などを受け入れています。

 

 

 

 

                                       

 

 

感染が疑われた収容者を伏見留置センターに移送した後での感染確認は想定内なのでしょう

 

しかし、2人の収容者は留置施設で感染した可能性が極めて高いということです

 

各留置所での感染対策を強化するべきです