塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

愛知県警の巡査長が酒気帯び運転でパトカーの追跡から逃走し車の盗難届を提出して偽装工作を図る

2021年8月8日

愛知県警本部の刑事部に所属する31歳男性巡査長が、酒に酔った状態で車を運転した際にパトカーから追跡されて赤信号を無視をするなどして逃走しました

 

事件の発覚を恐れた愛知県警の巡査長は、警察署に対して「自分の車が盗まれた」と虚偽の盗難届を出した疑いがもたれています。

 

 

この巡査長は2021年8月6日付けで停職6か月の懲戒処分となり、その後依願退職しました。

 

 

 

 

愛知県警本部の刑事部に所属する男性巡査長のコメント

「車を盗まれたことにして、酒を飲んで運転したことをごまかすためだった」

 

 

 

愛知県警:依田龍次郎首席監察官のコメント

「警察官にあるまじき行為であり、今後、指導を徹底して再発防止に努めます」

 

                                       

 

現職の警察官が法を犯し

 

現職の警察官が証拠を隠滅する

 

日本国民は、この現実を正しく理解して欲しい

 

 

 

>>首席監察官のコメント「指導を徹底して再発防止に努めます」

 

はあ? 今までは指導していなかったのか?

指導していたが効果が無かったのか

 

幹部が変わらないと現場は変わらない

 

 

 

盗難届を提出したという事は、偽計業務妨害には該当しないのだろうか