塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

滋賀県警の男性巡査3人が警察施設内で同僚の女性職員にセクハラ

2021年6月

滋賀県警に所属する20代の男性巡査3人が、警察施設内で同僚の女性職員に対してセクハラ行為におよびました

 

 

滋賀県警の男性巡査3人は、2020年5月から2021年5月までの間、公務中に警察施設内で複数回にわたり同僚の女性職員の体を触るなどのセクハラ行為を繰り返していました。

 

勤務中に警察施設内で同僚の警察官からセクハラ行為を受けていた女性職員が女性が上司に相談してセクハラ行為が発覚しました。

 

 

滋賀県警のセクハラ巡査たちに対する処罰は、本部長注意や所属長訓戒に止まりました。

 

 

 

滋賀県警のセクハラ巡査のコメント

「悪ふざけでやってしまった。不快な思いをさせ、申し訳ない」

 

 

 

県警監察官室のコメント

「このような非違事案が立て続けに起き、職員への職務倫理教養を徹底する」

 

                                       

 

処罰は訓戒

 

報道は匿名

 

公僕であるはずの警察官も上級国民待遇ですか?