塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

東京都豊島区役所の職員が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕

2021年7月22日

東京都の豊島区役所に勤務する55歳の男性職員が、埼玉県富士見市内にある西みずほ台の公園で、下半身を露出したとして公然わいせつ容疑で現行犯逮捕されました

 

 

2021年7月22日午前1時20分頃、埼玉県の交番に下半身を露出した男の目撃情報がよせられ、埼玉県警東入間署の署員が付近を警戒していたところ、下半身を露出した男を発見して現行犯逮捕に至りました。

 

現行犯逮捕された男は、上半身は長袖のワイシャツを着用しており、下半身は靴下と革靴しか身に着けておりませんでした。

 

男が背負っていたリュックの中には、ズボンと下着のパンツが入っていたようです。

 

 

 

 

55歳の男性職員は1992年から露島区役所で勤務しており、逮捕時は健康担当部長兼新型コロナウイルスワクチン接種担当部長としてワクチン接種業務の責任者を務めていました。

 

 

 

 

東京都豊島区役所の55歳男性職員のコメント
「公園内でズボンとパンツを脱いでいたことは間違いない。スリルを感じたかった」

 

 

 


豊島区役所のコメント

「事実関係の把握を行っている」

 

                                       

 

ワクチン接種業務のストレスは理由にはなりません

 

公務員の採用制度の見直しが必要でしょう