塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

陸上自衛隊三軒屋駐屯地所属の車両が民間トラックに対する当て逃げ事故

2021年6月末日

岡山市北区宿の陸上自衛隊三軒屋駐屯地に所属する大型輸送トラックが、兵庫県内の山陽自動車道を走行中に民間のトラックと接触事故を起こしましたが、事故を警察に届け出ることなく当て逃げしていました

 

 

勤務中の車両による当て逃げ事件を受けて、陸上自衛隊は事故当事者に対して処分を下しました

 

中部方面後方支援隊第104施設直接支援大隊所属の20代男性陸士長は停職6日の処分とし

 

中部方面後方支援隊第104施設直接支援大隊所属の40代男性2等陸曹は戒告の懲戒処分となりました

 

 

 

司法も当て逃げ事故を犯罪行為として処理しました。

 

事故を起こした車両を運転していた三軒屋駐屯地の陸士長は書類送検され、2021年7月に道交法違反の当て逃げ容疑で略式命令を受けました。

 

罰金3万円の判決となり、言い渡された罰金全額を納付したということです。

 

 

 

 

                                       

 

自衛隊内の処分が甘いと考える人もいるかもしれませんが、

 

自衛隊内の暗黙のルールとして、事故を起こした自衛隊員は出世昇進ルートから外れてしまいます。 

 

 

知人の父親が自衛隊の機甲科で働いていましたが、演習中に運転していた車両を横転させたことで、一生涯干されたと話しておりました