塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

警察車両内での変死事案で金沢地検は警察官6名を不起訴処分

2021年7月16日

金沢市に住む40代の男性が警察車両の中で、警察官6名から警察官が着用していた手袋を口内に詰め込まれて死亡した事案で、金沢地方検察庁は7月16日付けで「嫌疑不十分により不起訴」の処分としました

 

 

金沢西警察署は押送中の男性が死亡した事で、警察官6名を業務上過失致死の疑いで書類送検していました。

 

 

 

 

金沢地検のコメント

「医師や専門家の意見などを聴取し検討したほか、容疑者へ聴取するなど鋭意必要な捜査を行った」

「業務上過失致死と認める証拠は不十分と判断した」

 

 

                                       

 

人間が舌を噛切ろうとする場合、口は閉じるはずです

 

口を開けた状態で舌を噛切るのは不自然

 

つまり、どのようにして「口を閉じている状態の人が舌を噛切ろうとしている」と認定しうるのか

 

 

 

「医師や専門家の意見を聴取した」から何だと言うのでしょうか

 

不自然な証言を繰り返す池袋暴走事件の被告人も医師ですよ

 

医師が検察に何か言われたら、検察が望む内容の陳述書を出す事でしょう

 

公務員や上級国民同士はもたれ合いで喧嘩をしませんから

 

 

 

警察官の犯罪行為が多発している状態ですから、警察官の発言には信ぴょう性が低いと言わざるを得ません

 

勾留者に対する完全録画は必要だと思います

 

物証も無く警察の証言だけで変死事案が不起訴になる世の中は危険です

 

 

押送担当を留置担当の警察官に限定すれば、このような事案を減らせるかもしれません