塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

千葉県栄町消防署の副士長で工藤寿輝被告が懲戒免職

2021年7月12日付け

千葉県栄町の栄町消防本部栄町消防署に勤務していた副士長で工藤寿輝(26歳)被告が、詐欺や窃盗の罪で起訴され懲戒免職処分となりました

 

 

消防署の副士長だった工藤寿輝被告は、

仲間と共謀した上で、警察官になりすまして、

茨城県牛久市に住む80代の女性から、キャッシュカードをだまし取り現金を引き出したとして逮捕(4月)・起訴(5月)されていました。

 

 

 

千葉県栄町は、2021年6月28日に開廷した工藤被告の初公判で、被告人が罪状認否で起訴事実を認めた事で懲戒免職の処分を決定しました。

 

 

 

千葉県栄町の岡田正市町長のコメント

「町民の皆さまの信頼を損なうこととなり、深くおわび申し上げる。

職員に対し強く注意喚起し、再発防止に努める」

 

 

                                       

 

特殊詐欺で検挙される人が増えておりますが

 

現職の公務員が特殊詐欺に手を出しました

 

 

 

最近の特殊詐欺は劇場型が増えているようですが

 

工藤寿輝副士長の訴因には窃盗容疑も付いていますから、封筒等を使ったマジック型でしょうか

 

 

 

消防士には消火活動の際には他人の専有エリア内に立ち入れる権限が与えられています

 

火事場ですから消防士以外が居らず、窃盗し放題の状況となるでしょう

 

公務員採用の前に性格分析等を行う必要があるのではないでしょうか