塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

滋賀県警甲賀署は110番通報を繰り返した会社役員の男性を警察業務妨害容疑で逮捕しました

2021年6月30日

滋賀県甲賀署は110番通報を190回繰り返したとして、湖南市に住む79歳の会社役員の男性を警察業務妨害容疑で逮捕しました 

 

 

79歳の会社役員の男性は110番通報し、自らの姓名を名乗った上で「早く来い」などと警察官の臨場を促したようです。

 

滋賀県甲賀署は複数回通報者の自宅などへ出向きました。

 

 

滋賀県警甲賀署は [緊急性がないにもかかわらず110番を約190回繰り返し、滋賀県警通信指令課の業務を妨害した] と判断しました。

 

 

 

逮捕要件は警察業務妨害容疑及び偽計業務妨害の疑い

 

 

 

110番通報をしただけで逮捕された会社役員の男性は、容疑を否認しています

 

 

                                       

 

[1日○○回以上の通報は警察業務妨害の該当する]

 

法治国家であれば明文化しなくてはいけません

 

警察の判断で勝手に逮捕できるのは法治ではなく人治です

 

 

 

180回の通報が問題なくて190回の通報が警察業務妨害に該当する法的根拠を、滋賀地検は示すべきでしょう

 

 

 

自宅敷地内に不審者を発見すれば、当然ながら警察に通報します

 

1日で10回発見すれば、通報数は10回になります

 

110番通報に回数制限を設定するのは現実的ではありません

 

 

 

 

110番通報するだけで逮捕される

 

この現実を日本国民全員が認識するべきです

 

 

逮捕されるという事は

手錠をかけられ

所持品を全て調べられて

一部の衣類以外の私物は取り上げられ

座布団1枚も無い牢屋の中に入れられて

冷めた弁当しか与えられず

入浴は概ね5日に1回

 

逮捕権の乱用や拡大解釈を他人事としてはいけません