塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

野良猫を空気銃で射殺した疑いで40代の男性が逮捕されました

2021年6月22日

千葉県千葉市在住で49歳の自称アルバイター 平田雄一郎容疑者が、野良猫に対して空気銃で危害を加えた疑いで逮捕されました

 

 

 八千代市勝田台3丁目付近でケガをした地域猫が発見され、動物病院に運ばれましたが死亡が確認されました

 

 

 この地域では、2020年11月と2021年5月にもけがをした猫が目撃されておりました。

 

 警察はこの地域で同様の事件が15件発生しているのを把握しており、平田雄一郎容疑者余罪も調べられています

 

 

 

逮捕された男性が所持・使用した空気銃は9㎜の鉛玉を発射する能力があり、銃刀法違反の疑いでも捜査を受けています

 

 

 

 

 

動物愛護法

動物の愛護及び管理に関する法律

2020年から刑罰が強化されましたが、ペットにGPSを取り付ける仕組みの実施は先送りになりました


量刑:5年以下の懲役 500万円以下の罰金

 

遺棄した場合は1年以下 100万円以下の罰金

 

 

                                       

 

空気銃で銃刀法違反?

 

と驚きましたけど

 

一般的なガスガン・エアガン・電動ガンに使用するBB弾は6㎜なので、9㎜の鉛玉なら銃刀法違反容疑もうなずけます

 

玉を発射する機能を有していますから

 

 

押収されたのはスコープ付きのライフル銃でした

 

 

 

 

  

それにしても地域猫という分類が納得できません

 

野良猫に対して餌を与えてるだけなのでは?

 

地域によっては起き餌を条例で規制しています

 

 

地域猫

 

地域で飼われているのか

 

それとも遺棄され続けているのか

 

 

 

地域猫ならば

 

飼主が負うべき責任が回避され

 

ネコは飼い猫としての権利を受けれるのでしょうか

 

 ペット問題の8割は飼主に責任と原因があると思います

 

 

 

 

動物愛護法の強化と相まって、飼育者への規制強化も必要です

 

 

 

 

 

もし逮捕された男性が野良猫による被害を受けていたとしたら

 

制度の被害者なのかもしれません