塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

沖縄刑務所の与古田環刑務官が暴行・傷害の疑いで現行犯逮捕

2021年6月3日

沖縄刑務所の刑務官・与古田環(41歳)容疑者が暴行・障害の疑いで逮捕されました

 

 

 与古田刑務官は福岡市博多区内のガールズバーで、ガールズバーの男性従業員の顔を複数回殴りつけた疑いがもたれています。

 顔面を殴られた男性従業員は口を切るけがをしました。

 

与古田刑務官41歳は、店側と支払いをめぐってトラブルになっていたようです。

 

他の従業員に取り押さえられて警察に引き渡たされ現行犯逮捕となりました

 

 

 

 

与古田容疑者は容疑を否認しています

 

与古田刑務官のコメント

「何もしていません」

 

 

 

 

沖縄刑務所のコメント

「与古田容疑者は仕事上の理由で福岡に行きました」

「捜査の推移を踏まえつつ、厳正に対処したい」

 

 

                                       

 

否認はしていますけど、被害者の立場に立った人が怪我をしているという事で無罪は難しいと思われます。

 

 

相手が先に手を出したのであれば「過剰防衛」で争うことはできると思います

 

 

しかし、日本の判例は「行為と結果」のうち「被害結果」に重きを置く傾向が強いのです

 

被害者:怪我

加害者:無傷

 

このような結果になった場合は、日本では正当防衛を認めてくれません

 

 

行為よりも結果だけで判断する日本の司法制度では、実質的に自衛の権利を認めていないのと同じです