塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

岡山刑務所で受刑者が飛び降り自殺

2021年6月2月

岡山市の岡山刑務所で、懲役刑に服役中の受刑者が転落死しました

 

 

服役中に転落死したのは40代の男性受刑者で、岡山刑務所は自殺として処理するようです

 

 

 転落死した男性懲役囚は、懲役作業の合間に行われる運動時間中に、刑務官の監視から逃れて運動場を30m離れた場所にある工場の屋根に上り、屋根から転落して10m落下し搬送先の病院で死亡が確認されました。

 

 

運動場には懲役囚が40名、刑務官は2人で監視していました

 

 

岡山刑務所のコメント

「監視体制に不備はなかった」

 

 

 

 

 

                                       

監視体制に不備があったから本件が発生したと思います

 

岡山刑務所の所長や幹部連中は、本件を真摯に受け止めるべきでしょう

 

 

 

刑務所には遵守事項が多数ありますが、その中でも「自殺・逃亡・ゲイ行為」は3大タブーです

 

入所の際にも「自殺歴」に関しては入念に聞き取りを行われます

 

首吊り防止のために、タオル掛けのビニールパイプには切込みが入れられるほどです

 

 

 

運動場を無断で離れるのは、指示違反や無断離席に該当するでしょうが

 

工場の屋根に上るのは「逃亡」に該当する恐れがあります

 

その上に自殺を完遂しました

 

 

岡山刑務所としては大失態です