塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

鹿児島刑務所の刑務官[畑山蓮]に対して小学6年生女児に対する強制性交の罪で有罪判決

小学6年生女児に対する強制性交の罪で起訴されていた、犯行当時鹿児島刑務所の刑務官だった [畑山蓮 23歳] に対して、佐賀地裁が懲役3年(執行猶予5年)の判決を下しました。

 

 

現役JSに対する強制性交罪で執行猶予判決は温情判決でした

法務省関係者ではなく一般人に対しても温情判決が出るのでしょうか?

 

 

 

鹿児島刑務所の元刑務官畑山蓮(23歳)は、2021年1月にSNSで知り合った佐賀県内に住む当時小学6年生で被害当時12歳の少女と、久留米市内や福岡市内のホテルでみだりにみだらな行為に及んだとして、強制性交罪で起訴されていました。

 

 


判決公判で今泉裕登裁判長(佐賀地裁)は

「被告人は当時刑務官として矯正教育に携わる立場にあったのに、

少女の年齢や精神的未熟さを顧みることなく、

自己の性欲を満たすために犯行に及んだと言わざるを得ない」

 

と、しながらも

「当初から事実を認め、少女には二度と会わない旨を述べて反省の態度を示している」

という理由で執行猶予を与えました

 

 

 

 

                                       

 

強制性交、準強制性交の罪状が高くなっている印象を持ちますが、JS6に対する強制性交罪で3年/5年の弁当判決でした

 

現役JSが同意していたのかも知れませんね

 

同意があっても年齢的に同意したとはみなされませんけど

 

 

 

 

それとも、法務省関係者に対して量刑を軽減する慣例があるのでしょうか