塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

上野のピンサロ「マジックバナナ」が摘発

2021年5月22日 台東区上野の風俗店「マジックバナナ」が摘発されました

 

 

 上野の「マジックバナナ」は御徒町アメ横近くに店舗を構える風俗店で、業態はピンサロでした。

 

 

 警視庁が営業中だった上野の「マジックバナナ」に摘発に入り、店長や従業員、客の8人が公然わいせつの疑いで逮捕されたということです。

 

 

 逮捕された8人のうち、マジックバナナ店長の宮本真吾容疑者以外の、女性キャストと客は放免となったようです。

 

 

 

 マジックバナナは営業停止処分を2回受けるも営業を続けており、6年間で14億6000万円ほどの売り上げがあったようです。

 

 

宮本店長と女性キャストさんたちは容疑を認めているようです

 

 

 

 

 

                                       

f:id:DAMETALK:20210524145706j:plain

マジックバナナは健全なピンサロ店でした

 

本番行為を行っている様子は、一切ありませんでした

 

 

店内は客が不快に思わない程度のパーテーションで仕分されていました

 

 

 

                                       

ピンサロとして風営法の届け出をしている店舗が本番行為を行うホンサロ営業をしていたのであれば、摘発もやむなしと思われますが

 

ヘアヌード写真が「わいせつ罪」として摘発されていた暗黒時代に逆戻りするかのような摘発です。

 

 

コロナ過を理由とした「風俗店の密」に対する摘発の意図があるのでしょうか