塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

バールを持ち歩いただけでピッキング防止法違反容疑で逮捕

山形県でバールを持ち歩いた男性が、ピッキング防止法違反の容疑で逮捕されました。

 

 

 

 特殊開錠用具所持禁止法(ピッキング防止法)の疑いで逮捕されたのは、東京都千代田区在住で自称無職の49歳男性です。

 

 

 山形県警庄内署によると、2021年5月7日に庄内町余目の路上で、男性がリュックサックの中に指定侵入工具に指定されたバール1本を隠し持っていた疑いとの事です。

 

 

 ピッキング防止法違反容疑で逮捕された男性が所持していたのは、幅2㎝以上、長さ24㎝以上のバールでした。

 

 

 近隣住民が山形県内の八幡公園内に「見かけない人がいる」と警察に通報し、通報があった場所に臨場した警察官が男性に職務質問をしたようです。

 

職務質問によって男性のリュックサックの中からバールが見つかったということです。

 

 

 

逮捕された男性は

「言いたくない」

と、バールを所持していた理由を黙秘しているようです

 

 

 

 

 

ピッキング用具所持等の禁止
特殊開錠用具の所持の禁止(3条)

業務その他正当な理由による場合を除き、特殊開錠用具の所持を禁止


特殊開錠用具

ピッキング用具(錠に用いられるシリンダーをかぎを用いることなく、かつ、破壊することなく回転させるための器具)

その他の専ら特殊開錠を行うための器具で、建物錠を開くことに用いられるものとして政令で定めるもの(2条2項)


刑罰:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金(16条)

 

指定侵入工具の携帯の禁止(4条)

業務その他正当な理由による場合を除き、指定侵入工具を隠して携帯することを禁止


指定侵入工具

特殊開錠用具に該当しないドライバー、バールその他の工具で、建物錠を破壊するため又は建物の出入口若しくは窓の戸を破るために用いられるもののうち、建物への侵入の用に供されるおそれが大きいものとして政令で定めるもの(2条3項)


刑罰:1年以下の懲役又は50万円以下の罰金(16条)

 

特殊開錠用具の販売・授与の禁止(15条)

受け取る者が業務その他正当な理由がないのに所持するという事情を知りながら、その者に対し特殊開錠用具を販売・授与することを禁止


刑罰:2年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金、または、2年以下の懲役及び100万円以下の罰金の併科。


ピッキング防止対策の推進等
国・地方公共団体の、建物錠等の防犯性能の向上の促進、特定侵入行為の防止に関する啓発などの努力義務

 

 

 

 

                                       

 

バールは工具です

 

時としてピッキングに使われたり、撲殺等に使われてきましたが、本来はただの道具です。

 

バールに罪は無く、バールの所持を違法化するのは行き過ぎではないでしょうか

 

 

 

 

職務質問は正当だったのでしょうか

 

公園内にいただけの男性に対する職務質問は正当なのでしょうか

 

 

 

 

特殊開錠用具所持禁止法(ピッキング防止法)の周知も進んでおりません

 

工具を持っていただけで逮捕される時代になりました

 

はたして、外国人や上級国民も同様の扱いになるのでしょうか