塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

JR西川口駅のホームで撮鉄同士のトラブル 鉄オタ中学生が頭がい骨骨折 [逃走した男の画像は]

 埼玉県のJR西川口駅のホームで、鉄道写真を撮影する「鉄オタ(撮鉄)」同士がトラブルとなり、男子中学生の鉄オタ(撮鉄)が頭がい骨を骨折する事件に発展しました。

 

 

 

事件:傷害事件

発生:2021年4月25日 午後5時20分頃

場所:埼玉県川口市内 JR西川口駅のホーム

容疑者:鉄オタ(撮鉄)逃走中の男性

被害者:鉄オタ(撮鉄)男子中学生

被害状況:頭がい骨骨折

状況:「あしかが大藤まつり号」の撮影にからむトラブル

 

 

逃走中の男性は

10~20代

身長約170センチ

上下黒っぽい服装

鉄オタ(撮鉄

 

 

 

 2021年4月25日 午後5時20分頃、JR西川口駅のホームを通過する予定だった「あしかが大藤まつり号」を撮影する目的で、複数の鉄オタ(撮鉄)が西川口駅のホームに陣取っていました。

 

 ホームの撮影スポット最前の場所取りに成功した男子中学生に対して、傷害容疑で逃走中の男が「前の人が立っていると後ろの人が見えないのでしゃがむように」注意したようです。

 

 男子中学生が逃走中の男性の発言を聞き入れなかったところ、男性が男子中学生の首元をつかんむ暴行行為に及んだようです。

 

 男子中学生がその様子をスマートフォンで撮影しているのに気付いた容疑者が、男子中学生を押し倒したという事です。

 

 押し倒された男子中学生は、打ち所が悪く頭蓋骨を折る重傷を負ったとして、川口署が傷害事件として逃げた男の行方を追っています。

 

 

 

 

 

 

駅は防犯カメラが多数設置されており、逃走中の男はじきに確保されると思います

 

 

 

大人が中学生に対して社会のマナーを教える

中学生は効く耳を持たない

 

それに対して腹が立つのは分かりますが、暴力は許されません

 

そもそも、相手の胸ぐらをつかんだ時点で「暴行罪」が適応されます

少しでもけがを負わせたら障害罪です

 

訴因が障害罪なら、被害状況や被害者感情、被疑者の経歴によっては服役の可能性も出てきます

 

 

 

逃走中の容疑者に関して、捜査関係者からの情報公開はありません

 

手配をしなくても身柄をおさえる自信があるのでしょう

 

 

 

列車撮影巡り中学生重傷 男逃走