塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

福岡県警東署の巡査部長が供述調書を偽造したとして書類送検される

2021年7月15日

 福岡県警東署の少年課に勤務で勤務する20代の男性巡査部長が、捜査中に作成した供述調書を偽造したとして書類送検されました

 

7月8日付けで書類送検され、送検理由は虚偽有印公文書作成・同行使となります。

 

 

20代の男性巡査部長は容疑を認めているようです

 

 

 

福岡県警監察官室のコメント

「公表基準にはあたらないが、再発防止に努めていく」

 

 

                                       

 

日本の法廷は供述調書による自供に対して証拠として重きを置きます

 

 

容疑者の立場に置かれた人の供述調書に関しては

 

事実の供述は、事実として認定されない事もありますが

 

不利な供述や、検察の筋書きに合致する供述に関しては証拠として採用されます

 

 

警察官による供述調書の偽造は、日本の司法の根幹を揺るがす大事件です

 

にも拘わらず処罰が軽くなる恐れがあります

 

匿名報道になっているので、起訴猶予や処分保留などで流される可能性もあります

 

 

一般人が文書偽造・同行使詐欺を行えば、起訴されて勾留された上に裁判を受ける立場に置かれるはずです

 

 

「公表基準にはあたらない」とはどういうことか

 

基準に問題があるとしか言えません

 

 

 

 

一昔前の刑事による供述調書は手書きの小汚い物でしたが

 

最近はノートパソコンで作成します

 

そのパソコンは上司によるログインPIN、USBメモリーによる承認、装備を貸与された刑事の静脈承認によって、他者による偽造が困難になっております

千葉県栄町消防署の副士長で工藤寿輝被告が懲戒免職

2021年7月12日付け

千葉県栄町の栄町消防本部栄町消防署に勤務していた副士長で工藤寿輝(26歳)被告が、詐欺や窃盗の罪で起訴され懲戒免職処分となりました

 

 

消防署の副士長だった工藤寿輝被告は、

仲間と共謀した上で、警察官になりすまして、

茨城県牛久市に住む80代の女性から、キャッシュカードをだまし取り現金を引き出したとして逮捕(4月)・起訴(5月)されていました。

 

 

 

千葉県栄町は、2021年6月28日に開廷した工藤被告の初公判で、被告人が罪状認否で起訴事実を認めた事で懲戒免職の処分を決定しました。

 

 

 

千葉県栄町の岡田正市町長のコメント

「町民の皆さまの信頼を損なうこととなり、深くおわび申し上げる。

職員に対し強く注意喚起し、再発防止に努める」

 

 

                                       

 

特殊詐欺で検挙される人が増えておりますが

 

現職の公務員が特殊詐欺に手を出しました

 

 

 

最近の特殊詐欺は劇場型が増えているようですが

 

工藤寿輝副士長の訴因には窃盗容疑も付いていますから、封筒等を使ったマジック型でしょうか

 

 

 

消防士には消火活動の際には他人の専有エリア内に立ち入れる権限が与えられています

 

火事場ですから消防士以外が居らず、窃盗し放題の状況となるでしょう

 

公務員採用の前に性格分析等を行う必要があるのではないでしょうか

 

三重県鈴鹿市の信号柱が倒壊 犬の放尿による金属腐食が原因か

2021年2月18日

三重県鈴鹿市桜島町三丁目の市道で、信号用の金属柱が倒壊する事故が発生しました

 

散歩に連れられた犬が、常習的に金属柱に放尿した事による金属腐食が原因と見られています

 

根元部分から折損した信号柱は、隣にある駐車場の植え込みに倒れこみました

 

 

折れた信号柱は住宅街に設置されており、その周辺は近隣住人の犬散歩コースになっています。

 

 

 

三重県警が事故の現地調査を実施したところ、多い時間帯には散歩の犬が1時間で10匹以上目撃されました。

 

 

三重県警の科学捜査研究所が倒壊原因を調べたところ、折損した信号柱の根元付近の地面から通常の42倍の尿素が検出されました。

 

 

 

 

三重県警の交通規制課 三尾啓輔次長のコメント

「今後このようなことがないようしっかり管理し、再発防止に取り組む。

飼い主の方は家で犬の排せつをさせてから散歩をしてほしい。ご協力をお願いします」

 

 

                                       

 

器物損壊事件として捜査するべきでしょう

 

今回は人的被害はありませんでしたが、けが人が出てからでは遅いのです

 

 

柱の修理には税金が投入されます

 

他人事ではありません

 

 

 

法的な規制も必要です

 

公共の場所で糞尿を垂れ流す行為は許されません

 

犬猫を飼育する際はDNA情報の登録を義務化するべきです

兵庫県警伊丹署が学習塾経営者の男性を公務執行妨害の容疑で逮捕

2021年7月12日

学習塾経営者で49歳の男性が、兵庫県警伊丹署に公務執行妨害の容疑で逮捕されました

 

 

公務執行妨害の容疑で逮捕された男性は、兵庫県伊丹市内の路上で車を運転中に、路肩にいた兵庫県警伊丹署の巡査部長と何らかのトラブルになったようです。

 

 

その後、兵庫県警伊丹署内で事情を聞いていた巡査部長の首をつかんだとして、公務執行妨害の現行犯で逮捕となりました。

 

 

 

 

新聞社は、逮捕された男性が経営する学習塾の情報を一部報道しました

学習塾のホームページでは「受験指導の基本は人間性からです!」という文言を使用しているようです

 

 

                                       

 

報道されている情報は全て警察側の言い分です

 

真実かどうかは分かりません

 

 

 

否認して勾留期間が長くなった末に有罪になるよりは

 

容疑を認めて「早く終わらせる」という考えに至る人も多いと思います

 

 

 

現職警察官に対する暴行等の容疑に関してですが

 

警察関係者が起訴前に示談に応じるケースは稀だと思います

 

一部のフランチャイズ店でも、食い逃げ被害に対しては「示談に応じない」というルールを定めている事もあります

無職のスリランカ人男性が呼び出した救急車を破壊して逮捕

2021年7月12日

千葉県習志野市在住で無職のスリランカ人男性が、深夜に119番で呼び出した救急車のドアミラーを破壊するなどして、公務執行妨害及び器物損壊の容疑で逮捕されました

 

 

無職のスリランカ人男性は

「嘔吐や左半身に痛みがある」として119番通報で救急車を呼び出しました

 

通報現場に急行した救急隊の救急隊員は

「病院に行く必要がない」と判断しました

 

救急隊員の判断に激高したスリランカ人男性は、救急車のドアミラーを破壊した疑いがもたれています。

 

 

 

スリランカ人の容疑者は容疑を否認しているようです

 

習志野署の取り調べに対して

「救急車を呼んだが、壊した覚えはない」

旨の発言をしているようです

 

 

 

                                       

 

暴れて救急車を破壊するくらいに元気なのですから、救急隊員による「救急搬送の必要なし」の判断は正しかったようです

 

 

 

それにしても無職でどうやって生活しているのでしょうか

 

まさか生活保護ではないでしょうね

 

 

 

救急車をタクシー代わりに使用する人がいるようで、それが問題になった事もありました

 

外国人が必要も無いのに救急車を呼びだす

 

更に救急車を破壊する

 

何らかの対策が必要だと思います