塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログ

塀の中で過ごした友人の心の声を代筆したブログです

大阪府教育庁の職員 石川翼(45歳)が6歳女児への強制わいせつ容疑で逮捕

2021年7月10日

大阪府教育庁の職員で、大阪府教育庁市町村教育室小中学校課の石川翼(45歳)容疑者が、小学校1年生の6歳女児に対する強制わいせつの容疑で逮捕されました

 

 

大阪府教育庁の石川翼容疑者は、堺市内にある集合住宅の敷地内で、小学1年生(6歳)の女児の下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。

 

 

 

2021年7月3日に兵庫県尼崎市内で不審者に関する通報があり、通報現場に臨場した警察官が現場にいた石川翼容疑者に任意で話を聞いたところ、石川翼容疑者が女の子の写真を撮ったのを認めた事で逮捕につながりました。

 

 

 

大阪府教育庁の石川翼容疑者は、警察調べの段階では容疑を認めていているようです

 

警察は余罪についても慎重に捜査を進めています。

 

 

                                       

 

「そういった目的があって」この手の業種を選んだのではないか

 

そういった疑念すら抱きます

 

 

 

スマホを押さえられているので、女児を撮影した事は逃れようがないでしょう

 

スマホの画像の中に女児の体を触った様に見える画像があれば有罪確定でしょうね

静岡県が職員2人を懲戒処分

2021年9月9日

静岡県が 横領及び窃盗容疑や未決済処理を行った県職員2人を懲戒処分としました

 

 

56歳の男性職員

経済産業部の出先機関に勤務しており、親睦会や旅行のたの積立金など33万円を横領した疑いが持たれました。

この男性職員は依願退職する意向を示しています。

 

 

37歳の男性職員

障害福祉課に勤務しており、身体障害者手帳の交付事務作業の際に、本来必要な上司の決裁を得ずに独自の判断で450人分を処理したとして減給処分となりました。

この男性職員によって41人分の手帳が再交付されました。

 

 

 

                                       

 

職場の鐘を横領した56歳の職員は起訴して頂きたい

 

 

 

37歳の男性職員は悪意があったのか、手続き上のヒューマンエラーなのかは分かりません

 

どちらであるにせよ、静岡県としてのシステムに問題があったという事でしょう

群馬県警の巡査長が県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検

2021年7月9日

 群馬県警の巡査長が、17歳女子高生に対してみだらな行為をしたとして、県青少年健全育成条例違反容疑で書類送検されました

 

 

群馬県警の巡査長は2021年4月頃、17歳の女子高生とSNSで連絡を取り、相手が18歳未満と知りながら、警察官としての勤務地である群馬県内でみだらな行為におよんだ疑いがもたれています。

 

群馬県警は容疑者の巡査長を匿名とし、本部長訓戒の内部処分に止めました。

 

群馬県警の巡査長は前橋地検書類送検されました。

 

 

 

 

青少年健全育成条例違反の疑いで書類送検された群馬県警 巡査部長のコメント

「強く後悔し、反省している」

 

 


処分を停職や減給ではなく、極めて軽い本部長訓戒の内部処分とした群馬県警のコメント

「事案の内容を総合的に勘案した」

 

 


群馬県警の巡査長から被害を受けた17歳現役女子高生のコメント

「警察官を志望しており、巡査長から『採用試験の問題を教える』と言われたので会った」

「巡査長を絶対に許せない」

群馬県警は適正な捜査をしてくれなかったと感じる」

 

 

 

                                       

 

現職警察官の不祥事は今に始まった事ではありませんが

 

今年は群馬県警の現職職員による不祥事・犯罪行為が多い印章です

 

 

「何かあっても匿名報道」

 

この悪しき慣例が警察官による犯罪行為の助長になっているような気がします

 

 

 

一般人の微罪を匿名報道とするのは当然だと思いますが

 

立場のある人間は実名で報道されるべきです

 

まして現職の警察官ですから、実名報道は不可避と考えます

 

 

 

処分が甘いという事は、この巡査長は警察官を続けるということでしょうか

 

許されません

 

群馬県警を取り締まるための組織が必要です

 

 

 

 

被害者感情に対して、群馬県警の処分が甘すぎます

 

群馬県警には正義があるのでしょうか

 

 

法を犯しても厳正に処罰されない

 

これこそが腐敗なのです

平井卓也デジタル相に資産公開法違反の疑いが浮上

2021年7月8日

自由民主党平井卓也デジタル相に対して資産公開法違反の疑いが浮上しました

 

 

東京五輪向けアプリ(デジタル庁の関連事業)の経営者が、平井卓也デジタル相の大口支援者であることが判明しました。

 

さらに平井卓也デジタル相が株式を保有していた企業のグループ関連会社が、五輪向けアプリの事業を約6億6千万円で受注していました。

 

 

平井卓也デジタル相は、この企業の株を保有していたのに資産等報告書に記載しませんでした。

この行為は資産公開法に違反する疑いが濃厚です。

 

しかも平井卓也デジタル相は、この企業の株の売却益を所得等報告書に記載していませんでした。



 

平井卓也デジタル相との「金のつながり」が疑われている企業は「豆蔵ホールディングス」です

 

 

豆蔵HDは2013年から2017年の間に、平井卓也デジタル相が代表を務める自民党香川県第1選挙区支部に対して、毎年60万円を献金していました。

 

現時点で発覚している献金総額は300万円となります。

 

 

 

五輪向けアプリに関しては、平井卓也デジタル相がIT総合戦略室の幹部らに対して「NECを干す」などと指示と出していたことが発覚しました。

 

実際にNECは契約から外れました

 

 

 

 

 

平井たくや(自由民主党)のコメント

「資産等報告書等については確認の上、必要があれば修正する考えです。

豆蔵HDからはルールに則った形でご支援を頂いています。

 

政府調達については、関係法令に基づいて手続きがなされているものと承知しております」

 

 

 

 


平井たくや(自由民主党

衆議院議員
選挙区:香川県第1区
当選回数:7回

 

平成12年12月 自民党入党、香川県第一選挙区支部長に就任

平成17年11月 第3次小泉内閣内閣府大臣政務官に就任

平成18年10月 自民党経済産業部会長に就任

平成19年8月 安倍改造内閣の国土交通副大臣に就任

平成19年9月 福田内閣において国土交通副大臣に再任

平成20年8月 自民党政務調査会副会長に就任

平成22年9月 自民党ネットメディア局長に就任

平成23年10月 自民党総務部会長に就任

平成24年10月 自民党政務調査会副会長に就任

平成25年10月 自民党IT戦略特命委員長に再任

平成27年9月 自民党広報本部長代理に就任

平成28年8月 自民党情報調査局長に就任

平成29年8月 自民党広報本部長に就任

平成30年10月 第4次安倍改造内閣にて情報通信技術(IT)政策担当

       内閣府特命担当大臣に就任

令和元年10月 自民党デジタル社会推進特別委員長に就任

 

                                       

 

[ THE 自民党 ] と言うべき経歴ですね

 

資産等報告書や所得等報告書の不記載も、実に自民党議員らしい所業のように思います

 

 

 

 

企業から政治家に献金を差し出し

政治家は公共事業(税金)を企業に流す

 

政治とカネの流れで消えているのは税金です

広島県内にある私立中高一貫校の教師 土屋槙都が16歳女子高校生に対するいかがわしい行為で逮捕

 

 2021年7月6日

広島県内にある私立中高一貫校の教師で、土屋槙都(25歳)容疑者が16歳の現役女子高校生に対するいかがわしい行為をした疑いで逮捕されました

 

 

土屋槙都(25歳)容疑者は2021年3月に、16歳の女子高校生に現金を渡し、広島県福山市内の宿泊施設内でいかがわしい行為に及んだとして、児童買春・児童ポルノ法違反の容疑で逮捕されました。

 

 

広島県警は18歳未満と知りながら行為に及んだとして捜査を進めると共に、余罪もあるとみて捜査を進めています。

 

 

 

 

調べに対し、土屋容疑者は「やったことは間違いないが18歳未満だったかどうかは覚えていない」などと供述しているということです。

 

                                       

 

やったことは認めているが、年齢認識の部分で争うようです

 

見た目だけでは16歳なのか18歳なのかは分かりませんからね

 

 

16歳の女子高校生が、「行為に及ぶ前に自身の年齢を話した」と供述調書にまるめた時点で、有罪率は99.9%に跳ね上がる事でしょう